■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■
 

その歌は筒美の調べ


ブログを書こうと思ったら、また随分久しぶりの更新になってしまっていた(> <)。写真のアップの仕方も若干忘れていたという為体。イカンイカン…。
さて昨日は1年ぶりのマリコとヒデーズの「歌え!課外授業」ライブ。今回は大作曲家、筒美京平さん特集ということで、星の数ほどあるヒット曲の中から、割とわかりやすいものをチョイスしてのライブ。

【1限目】
1.わたしの彼は左きき(麻丘めぐみ)
2.飛んでイスタンブール(庄野真代)
3.ロマンス(岩崎宏美)
4.ギンギラギンにさりげなく(近藤真彦)
5.1986年のマリリン(本田美奈子)
6.魅せられて(ジュディ・オング)



【2限目】
7.センチメンタル・ジャーニー(松本伊代)
8.よろしく哀愁(郷ひろみ)
9.ブルーライト・ヨコハマ(いしだあゆみ)
10.セクシャル・バイオレットNo.1(桑名正博)
11.木綿のハンカチーフ(太田裕美)
12.仮面舞踏会(少年隊)



【居残り学習】
13.さらば恋人(堺正章)



幼少の頃に聞いてうっすら記憶にあるものから、小中学校の頃にしっかり聞いていたものなど、まさに昭和を代表する楽曲たち。お客さんの中には「歌詞カードなしで全部歌えた!」なんて方もいらした。
メロディーのすごさもさることながら、歌詞もすごいしアレンジもすごいのがこの時代のヒット曲。全てが一つの形になって記憶に刻まれている。その昔「イントロドン!」というクイズがあったが、それだけの理由があるよねぇなんて、終わってからみんなで振り返ったりもした。



それにしても今回のライブで、3人のキャラクターというか役割分担がより明確になった気がする。秀樹兄さんはもうひたすら女性アイドルの曲を原キーで歌っていただきたい(笑)。
井手ちゃんはアダルトで情熱的な曲を。
私がちょいエロ雰囲気のムード歌謡か?(^^;

とにもかくにもコミカルな中にアカデミックな要素を忘れずのコンセプトで、今後もサークル活動は続くであります♪
マリコとヒデーズとしての次回ライブは、ちょっと先、来年3/19(木)南青山MANDALAでのAOYAMA音楽倶楽部で。内容は年末年始で考えるとしましょう。ご期待ください。
ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。



■京王百草園「もみじ祭り」
11/23(土)&24(日)京王百草園
出演:川久保秀一
11時半&15時(各回30分程)
観覧無料(要入園料)
http://www.keio-mogusaen.jp


■年末ライブ
12/22(日)空飛ぶこぶたや(下北沢)
出演:歌心りえ&川久保秀一
詳細未定
http://www.kobuta.diet

■Memesライブ
2020/1/24(金)曼荼羅(吉祥寺)
出演:赤塩正樹(H2O)、井手麻理子、川久保秀一
詳細未定

■AOYAMA音楽倶楽部
2020/3/19(木)南青山MANDALA
出演:黒沢秀樹、井手麻理子、川久保秀一
詳細未定

| - | 02:14 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











http://kblog.kawakubo.net/tb.php/1048
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑