■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<前月 2019年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

3.11
おそらく日本人であれば、立ち止まって「生きる」「命」と言ったこととと向き合う日になって8年になった。「もう8年」「まだ8年」「やっと8年」「8年経ったのに」等々、色々な8年の捉え方があるだろう。

8年前、僕は早朝のラジオを終えて帰宅。昼寝をしてダラダラとテレビを見ていた時、大きな揺れが来た。尋常でない揺れにびっくりし、食器棚などを押さえに立ち上がった。
そのあとは身内との連絡とり。一人暮らしの姪っ子が、冷蔵庫が動いてしまってドアを外側から塞いでしまい、トイレも行けない軟禁状態になったと連絡。不動産屋さんに相談して玄関を開けてもらって救出。あとの身内は幸いみんな無事に帰宅できていた。
その後は、たまたまうちの方に仕事で来ていたマネージャーと後輩タレントが動けなくなっているとのことで、車で迎えに。ダイレクトな被災地ではないのに、ものすごい渋滞し、そして携帯は頻繁に緊急地震速報が入り、メールや電話の連絡がしづらくなっていった。
それでも無事にピックアップしてとりあえず全員我が家に集合。ファミレスで夕飯を食べてみんなで我が家に宿泊してもらった。

その後、テレビから伝わってくる被災地の様子、パニックからくるガソリンや食料の不足、停電による信号の停止など、今まで経験したことのない事態が多々あった。もちろんそれは被災地の状況からしたら全然大したことではない。

去年、一昨年とラジオで震災特番のパーソナリティーをやらせていただく機会に恵まれ、一昨年は福島県南相馬市、去年は福島県いわき市へと伺った。色々と大変だった状況を生の声で聞くことができ、被災地を心配する、思いを寄せるという気持ちから、自分の町で起きたらどうしたらいいのか、という意識へとシフトしていったように思う。

去年の震災特番後、お声がけいただいたことがきっかけではあるのだが、地域の自治会の役員になった。やはり災害時は「遠くの親戚よりも近くの友人」なのだ。
ミーティングでは様々な議題が上がるし、様々な行事も行なってきたのだが、つまるところはそれは「災害発生時に地域で被害者を出さないための取り組み」といって過言ではない。スタンプラリーは避難経路、避難場所、消火器の場所の確認だし、BBQや餅つきは自炊訓練だし、何より地域の方がお互いの顔を知るための大事なきっかけ。

この8年で僕の中で変わったことはこんなことだろうか。

昨日は「3年A組」というドラマの最終回だった。初回から釘付けになって見ていたが、最終回を終えて「よくぞこんなドラマを作ったもんだ!」と感心してしまった。
様々な現代社会の問題をテーマにしていたが、「言葉」に、それを発する「人間」に着地したところはすごい。頭ではわかっていてもあんなにまでリアリティを持って迫った作りは本当に素晴らしいと思う。

震災をめぐってもたくさんの「言葉」が飛び交った。
被害情報、困窮状況をTwitterなどでも随分見受けられた。多くが必要なものだったろうし、あたたかいものだったように思うが、熊本の震災の時は「動物園から猛獣が逃げた」なんてデマもあった。
ネットに出ていなくても、風評被害の問題も随分言われてきた。
原発エリアから避難した方に対して、心ない言葉が浴びせられたこともあったと聞く。

どこからどこまで本当か、また捉え方でその質も変わってしまうのも「言葉」。
「言葉」は「心」の現れ。ラジオや歌など日々言葉を使って仕事をしていても、うまい表現ができなかったり、残念ながら時に人に嫌な思いをさせてしまうことがあり、その度にへこむ。

ちょっと話が逸れてしまったか。
8年経って被災地の方に、今どんな言葉を、心を向けるのがふさわしいのだろうか?
朝からずっと考えているけどまだわからない。そうやって堂々巡りのようでも考えていることが誠意の一つであるならば、せめてもの救いだけれど。

改めて犠牲になられた方々のご冥福を祈り、苦しい生活を強いられている方に光明が差すことを祈り、そして「生きている」ことはなんて素敵なことなんだと多くの方と「あたたかい言葉」を共感できるよう、祈ってやみません。


「君は生きている」(Goro Matsui Song Booksより)
作詞/松井五郎 作曲/川久保秀一
https://youtu.be/uP0orrGQ5ks

| - | 06:05 PM | comments (0) | trackback (0) |
20 year ago


新年明けて2週間。2日「杉祭り」からいつも通りに稼働しているせいか、まだそれしか経ってないのか?という感じもしている。
そんなわけで今年も杉真理さんのおかげで音楽での幕開け。深い感謝とともに、音楽人としてのアイデンティティーからスタートできたことをめでたく思いたい。

今日は成人の日。20年前の僕は26歳で、1999年だった。
ちょうどこの頃、所属事務所から契約解除となり、浪人状態となった。
ありがたいことに契約満了手前だったとのことで、残り期間の分の契約金が振り込まれたため、慌ててフリーター生活になることはなかったが、それにしても何の後ろ盾もない時間がここから始まった。

以前その事務所にいた方から、「お前たち(TWo of US)を何とかしたいと言ってる人がいるんだけど会わないか?」と言われ、もちろんすぐに会いに行った。
所属の事務所は◯◯で、音楽面は◯◯をプロデューサーにお願いして立て直しを図りたいと思っている等、ものすごくキラキラ光る話。そのプロデューサーの名前も今も世界を股に活躍されている方だったものだから、そりゃ期待してしまう。ただ音楽のジャンルは全く異なっていたので「ホントかな?」という疑念はあったけれど、その話の眩しさで覆い隠してしまったような気がする。

しかし待てど暮らせど話は進まない。電話をしても取り次いでもらえない。少しの蓄えもどんどん減っていく。挙句、もともと話を持って来た元事務所にいた方には「まぁ可能性は色々あるんだから、お前らも自分で動け。」的なことを言われる始末。
ある意味ヒドイ話だろうが、世の中とはそんなもんでもあるんだろう。「世間知らずの大学出の音楽好きのあんちゃん」でしかなかったことが、赤裸々に証明されただけに過ぎない。

結局この方々とはその後連絡は取らず、もちろん先方から来ることもなかった。
そしていわばアマチュア状態でTWO of USを再開することになった。
とは言え段々と温度差や違和感を感じるようになってしまった。僕にはもうTWO of USという形は合わなくなってしまったことを、より実感していくことになる。
ただし、僕がストレスを感じたように、相方も相当に僕にストレスを感じていたに違いないとは思う。自分だけを正当化する気は毛頭ない。

結局TWO of USをやめることになり、アルバイトを色々しながらデモテープをあちこち送る日々へとなっていく。今の自分の状況につながる「チンチン電車」という曲のリリースにつながるまで、そこから3〜4年費やしてしまった。

あれから20年。振り出し、ゼロになってから20年経った。
杉さんはじめ音楽界の大先輩、テレビで見ていた同世代のアーティスト等と、今こうして交流できていたり、ラジオの仕事をできていることを思えば、「まぁよく立て直したね」と自分に言ってやってもいいのかもしれない。とは言えそう言った皆さんの知名度や音楽的パワーに比べたら、てんで及ばないことばかり。まだまだ形にしなくてはいけないことが沢山だ。

ただ一つ言えることは、「意志あるとところに道は通ず」ということだろうか。立派な道ではないけれど、それでもとりあえず何とか今日も歌ったり喋ったりしている。
そして意志があったから、「こういうことなら手伝ってあげられるよ」と支えてくれる方に沢山巡り会えて来られたんだと思う。

来年2020年は、子年で年男になる。そしてデビューして25年。
そこに照準を合わせながら、今年1年を過ごしていこうと思う。
本年もよろしくお願い申し上げます。


■UTaU KITCHEN Vol.4-新年会SP-
1/16(水)開場 18:30 / 開演19:00
会場:CLUB GOODMAN(秋葉原)
〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸55 ASビルB1F
(JR秋葉原駅「昭和通り口」出口 、営団日比谷線・秋葉原駅 4番出口 、つくばエクスプレス・秋葉原駅 A1出口 、都営新宿線・岩本町 A4出口 )
料金等:前売2,000円 / 当日2,300円
※川久保出演は20時20分頃〜
お問合せ:CLUB GOODMAN(TEL. 03-3862-9010)
出演:橘琴以 / 鈴木ナオト / 亥野マキ / 首藤早織(fromチャオズビー)+ゲスト川久保秀一 / 他
http://clubgoodman.com/index.html


■京王百草園梅まつり
2/24(日)11:00 / 14:00
会場:京王百草園
〒191-0033 日野市百草560
(京王線百草園駅下車徒歩10分、または聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅からタクシー10分。
※百草園駅から当園までの間には途中急坂があります。)
料金等:観覧無料(要入園料)
お問合せ:京王百草園 Tel. 0422-23-2251
http://www.keio-mogusaen.jp



■AOYAMA音楽CLUBvol.11〜バンドde昭和アニソン列伝〜
3/22(金)南青山MANDALA
開場18時半、開演19時半
チケット:前売4,700円/当日5,200円(1drinkつき)
座席形態:先着順入場・自由席
出演:マリコとヒデーズ(井手麻理子 / 黒沢秀樹 / 川久保秀一)
※前売り・予約は2/1(金)から南青山MANDALA店頭、e+、21dream@kawakubo.netにて
お問い合わせ:南青山MANDALA(03-5474-0411)

〒107-0062 東京都港区南青山3丁目2-2MRビルB1
(地下鉄銀座線「外苑前」出口(1A)より「LOUNGE by Francfranc」のある南青山3丁目交差点を左折。ゆるやかな坂道の途中、右側)
http://www.mandala.gr.jp/aoyama/

| - | 05:00 PM | comments (0) | trackback (0) |
年内最後のライブ


とかく今年は「平成最後の〜」という謳い文句がつくイベントが目に付くが、こちらは言うなれば「平成“最初で最後の”〜」というところか(笑)。もう出会ってから四半世紀、25年にもなることにちょっとビックリのりえちゃんと、昨年に続き今年もご一緒に歌い納め。とはいえ去年は対バン形式だったので、一緒のライブで歌い納めは初だったんだなぁと、今更気づいております。



彼女とは、ソニー・ミュージックエンターテインメントのオーディション「Voice2」のファイナリスト同士だった。彼女は当時は今や著名な音楽プロデューサーで活躍している橋本慎君とお姉さんとの3人組ユニットで出ていた。結局彼女たちはソニーではなくワーナーからデビューすることになり、その後紆余曲折を経て「letit go」というユニット名でデビューし、「200倍の夢」がポカリスエットのCM曲になってヒット。その後また紆余曲折あって、今度は「September」というグループで韓流ドラマ「冬のソナタ」の日本語版を歌い、たまたまテレビでそれを知った時は、「え、りえちゃん?!」とビックリしたのを覚えている。

僕の方は何だかんだずーっと低空飛行のような感じで、それでもラジオの仕事の恩恵を存分受けることで今日まで生きながらえているようなところがあるが(苦笑)、兎にも角にもこうして気心を許せる人と一緒に歌えることは何より嬉しい。



今回は「紅白歌合戦」という仕様にした。時期的にはクリスマスだが、なんだかクリスマスにドキドキするような年頃ではなくなってしまった感があるねぇという見解からというのは、ここだけの話(笑)。
世の中的・自分的に今年の話題の人の曲を取り上げてみようということで、今回のセットリストはこちら。

1.TOKIO(沢田研二)/りえ&ひーでー
2.はじまりはいつも雨(ASKA)/ひーでー
3.Hero(安室奈美恵)/りえ
4.悲しみにさよなら(安全地帯)/ひーでー
5.ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)/りえ
6.想い出にかわるまで(ひまり)/ひーでー
7.ありのままで(松たか子)/りえ



8.おかあさんのうた/りえ
9.Evenfall/ひーでー
10.冬のソナタ〜最初から今まで〜/りえ
11.M-78/ひーでー
12.あのね〜青色の傘〜/りえ
13.DJ日本史〜今日が歴史の最前線〜/ひーでー

14.星のかけらを探しに行こう(福耳)/りえ&ひーでー
15.クリスマス・イブ(山下達郎)/りえ&ひーでー



お客さんが審査員ということで、どちらが勝ったか札をあげてもらったところ、圧倒的な勢いで紅組の勝利。来年の川久保の行く末が若干心配になる結果か?(笑)
とにもかくにも皆さん楽しんでくださったようで何より。勝とうが負けようがそこが一番大事なところ。ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。
そして僕はもちろん楽しんだし、音楽の楽しさと素晴らしさをまた体感できた今年最後のライブでした。

来年のライブ予定はちょっとずつ決まりつつあるが、また改めて。
とりあえずは素敵なクリスマスを♪

| - | 04:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
声は人


あっという間に今年も残り1ヶ月。振り返るにはちょっとまだ早いかもしれないが、今年も色々な方に出会えたり再会したり。
残念ながら距離が遠くなってしまった方もいるが、時間に緩和してもらってまた近くになれることを祈るのがいいのかなぁ。

さて11月は特に一大事な出会いがあったりもした。
中学生の頃に憧れた安全地帯の矢萩さんと武沢さんにお会いできたのは、まさにそれ。
ラジオのゲストで来ていただいたのだけれど、覚えているような覚えていないような時間だった(笑)。


そしてギルバート・オサリバン。
ビルボード・ライブ東京でのライブに急遽行くことにしたのだが、「Alone Again」のイントロを聴いた瞬間に涙が出てしまった。あの曲の持つ郷愁や優しい感じ、切ない感じもさることながら、やはり歌声が圧倒的にハートに突き刺さったことは言うまでもない。


その勢いもあってか、この週はライブウイークにして、とにかくちょっと無理してもライブを見にくことに。

11/23は竹仲絵里さんのライブに。
昼間は一人弾き語り、夜はピアノとドラムのサポートを入れてのアンサンブルということで、普通ならどっちかしか見に行かないところだが、ラジオのゲストに来てくださった時に聞いた彼女の歌声や色々伺ったお話しから何だか両方見たくなって、両方行ってしまった。
自分の直感は大正解で、弾き語りでは彼女の「歌い手としての覚悟」みたいなものがズンズン響いてきたし、サポートが入っての演奏では空間や楽器をつないでいく糸として彼女の声が大きな存在感を放っていた。


11/24は松本英子さんのライブへ。
彼女とは3年前にむさしのFMのイベントライブにご出演いただき共演させていただいたのだが、ちゃんと彼女のライブを見るのはこれが初めて。
ピアノとパーカッションだけというこちらもシンプルな編成だったが、初っ端から彼女の歌は圧巻だった。チャカ・カーンのようなぶっとい声ということではない(笑)。ヒット曲「Squall」を御存知の方ならそれは想像つくと思う。
曲のイントロに入った瞬間に顔つきが変わるのだ。それは多分一流の役者さんが「よーい、スタート!」と言われた瞬間に役に入るのと近いんじゃないかと思う。そして彼女の歌声で物語が綴られていく。また歌っている時の立ち居振る舞いも全くの無駄も、もちろんかっこ悪いところなど何一つない。全てがその曲のために存在しているかのようだった。


11/25は松井五郎さんプロデュースの東日本大震災復興支援CD「風のよせがき」でご一緒した吉田拓矢君のライブに。
マイクもスピーカーもない、素っ裸状態の彼の歌声が会場に響いていたが、その野性味溢れる感じがまた彼らしい。


どんな言葉を使うかでその人がわかるというのは然もありなんだが、僕は声、特に歌声を聴くとその人の本質的な部分が感じられる気がしている。逆に言うと、それが感じられない歌は、どんなに音程やリズムが良くても響いて来ない。「上手」であっても「すごい」ではない。大事なのは発する言葉や声にどれだけ体温があるかということ。ドラマを感じさせられるかということ。そこに感動やつながりが生まれる。

さて今年残り1ヶ月。そんな素晴らしい方々をお手本に、自分も体温のある言葉、声でしっかり仕事をしていかねばね。

| - | 06:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
安全地帯


忘れもしない、中学2年13歳の夏の終わり。テレビから安全地帯の「悲しみにさよなら」が聞こえ、「何だこの歌は!」と一瞬で心を奪われた。「ワインレッドの心は」小学6年くらいだったので、その世界観は子どもにはとても理解できなかったが、「悲しみにさよなら」は、明るく優しく、穏やかに何か未来を感じさせて包み込んでくれるような曲だった。
その年の暮れに出た「安全地帯検廚箸いΕ▲襯丱爐蓮∪犬泙譴峠蕕瓩毒磴辰CDで、もちろん今も大事に持っている。

それがきっかけで歌がすごく好きになり、高校生の頃のバンドブームに乗っかってBOφWYだZIGGYだとコピーをやりつつも、バンドメンバーに「俺のやりたい曲も入れてよ〜!」なんて半ば駄々っ子のような駆け引きで安全地帯の曲を入れたりもしていた(笑)。



あれから33年。ライブでお見かけすることはあっても、当然遠い憧れの存在。
昨日はそんな方々、矢萩渉さんと武沢侑昴さんが自分のフィールドにやってきて下さった。
入り時間が近くなるに連れて知らず知らずに緊張し始め、ペンを持つ手がちょっと震えてもいた(笑)。



ラジオなので、放送を聴いて下さってる方が「へー!」と思うような話を聞き出さなくてはならないし、押さえておかないといけない情報事項もある。だから実は曲をかけている間のトークが、僕にとってはグッと踏み込んだ、ちょっとマニアックな質問ができる時間だった。

一番知りたかったのは、安全地帯の楽曲はどんな風に生まれて行ったのかということ。
単純に玉置さんが曲を持ってきて、星勝さんというアレンジャーが設計図を書いてメンバーが弾くという図式かと思っていたのだが、そういうことだけではなかった。
例えば、「ワインレッドの心」の歌詞が何回も書き直された話は有名だが、アレンジも相当なパターンをやったそうだ。キーを変える、テンポを変える云々。メロディーと歌詞ができてからが実に長いそうだ。
「1991年からの警告」という曲は、途中にあるマイナーコードが半音でスライドして落ちるところがある。楽器の人はそれは楽器のニュアンスとして捉えがちだが、玉置さんはそこに歌を乗せてしまう。
玉置さんは、どんなコード進行を持ってきてもメロディーを口ずさむし、逆に「そこもっと変なコードにして」みたいなリクエストもするそうだ。
メンバーお二人の口から、「あいつは天才だよ。ある意味変だよ!(笑)。」なんて言葉も出て来た。
一方で、生み出されたメロディーは松井五郎さんのところに送られ歌詞がつけられる。

五郎さんとは沢山曲を作らせていただく時間があったので、その凄さは身に染みているが、どうも昨日の話を聞いて想像を巡らすに、超天才の集まりが安全地帯の名曲を生み出して行ったんだと痛感した。



憧れにまた触れることができた日。
今日までとりあえずこの生き方を続けて来たご褒美とありがたく受け止めるとともに、それを知ってしまった自分はこれから何をすべきか。嬉しいことに試練と光の道はまだまだ自分の先に続いてるようだ。

| - | 10:39 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑