■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

GBライブ


昨夜は久しぶりの吉祥寺GBでのライブ。そして東京エリアでオリジナル曲ばかりでライブをやるのは、今年に関していえばお初!我ながらちょっと意外な(^^;

1.クロッカス
2.QUEST
3.ハラグロ
4.Rain Flower
5.DJ日本史〜今日が歴史の最前線〜
6.M-78
7.チンチン電車



持ち時間40分。実際はちょっと喋りすぎたか、5分オーバーしてしまったが、皆さんに楽しんでいただけていたら幸いだ。
久しぶりの曲や、この編成では初めてやる曲なども盛り込んでみたが、今回一番やってみたかったのは「Rain Flower」をベースだけで歌ってみること。もちろん全編ではなく途中までだが、雨が落ちそうな曇り空からそぼ降る雨、本降りになってまたそぼ降る雨になるみたいな風景を、サウンドで作れたらなぁなんて思って試みてみた。皆さんには何かしら絵が浮かんだならいいのだが、どうだったろう。



今回対バンだったミリミリバールのミアちゃんは、ご両親がブラジル人だそうだが、日本に来られてから生まれたので日本語は普通に。しかし南米のDNAなのか、非常に陽気でリズミカルなエッセンス満点の18歳だった。
狩野良昭さんは、何度かご一緒したことがあるが、先日NHKの「SONGS」で薬師丸ひろ子さんのバックでギターを弾いておられた。元を辿ればYAMAHAのポプコンで、あの松井五郎さんとバンドを組んで出場し、以来チャゲアスや加藤いづみさんとうとう、錚々たるアーティストの仕事をされている名プレーヤー。ザ・ギタリストなプレイの数々に痺れたなぁ。

やっぱりライブはいいね。生の音はいいね。
つくづく思った。



今月はこの後北陸へ!そして東京近郊は8/12(日)に江ノ島虎丸座でマリコとヒデーズ!
ぜひまた会場で♫

■ マリコとヒデ inささ郷vol.1
6/16(土)
共生の里ささ郷(富山県下新川郡朝日町笹川2055)
http://www.sasagou.com/
開場15時半、開演16時
出演:井手麻理子、川久保秀一
前売り・予約1,000円(中学生以下無料)
予約:sasago@pri.town.asahi.toyama.jpまたはFAX(0765-83-3688)
お問い合わせ:0765-83-3688


■Acousticな旋律と、御祓川の調べ
6/17(日)
七尾・banco(石川県七尾市生駒町3-3)
開場16時半、開演17時
出演:井手麻理子、川久保秀一、拓朗
前売り3,000円/当日3,500円(drink付き)
予約・購入:七尾・bancoにて
お問い合わせ:0767-54-8866(七尾・banco)
http://academy.misogigawa.com/banco.html


■マリコとヒデーズin江ノ島
8/12(日)
虎丸座(神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17江の島ビュータワー7F)
出演:井手麻理子、黒沢秀樹、川久保秀一
※詳細未定
http://www.toramaru.net/

| - | 12:24 PM | comments (0) | trackback (0) |
J-POP〜雨〜


朝のラジオ「モーニング・コミュニティ」をやっているMusic Birdの若手スタッフ勉強用に、昨年からJ-POPの“スタンダード的”なものを、「秋」「春」などとカテゴライズしてセレクションして差し上げている。まぁ“スタンダード的”と言っても、僕の主観が入っているので、「この曲知らない」「え、あの曲入ってないの?」と言ったことはままにしてある。

22〜3才の彼らにすると、親の世代の曲であって、ナツメロもナツメロになってしまっていたりするのだが、ちょくちょく耳にする曲やアーティスト(放送局のカラー的にも)なので、「あ、この曲知ってる!」「この人が歌ってるんだ!」などという発見もあるようで、希望的観測も含めて恐らく老害にはなっていないと思う(苦笑)。

今回は「雨」というカテゴライズでダダッと集めて見たら、64曲になった。
カバーバージョンもオリジナルバージョンも入っていたりするので、実際は50数曲だろうか。
自分でももちろん車移動の時に確認の意味で聞いてみるのだが、自分の好みの傾向が改めて再認識できたりする。ちなみに今回のラインナップで「かなり好きだなぁ」と思ったのは、徳永英明「レイニーブルー」、中西保志「最後の雨」である。
そしてメロディーもさることながら、歌詞を実によく聞こうとしている。そこにどんなドラマが描かれているのか、どんな役者さんをキャスティングしたらいい映像になるかなんて妄想しながら(笑)。

NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」にすっかりハマって毎日欠かさず見ているが、豊川悦司演じる漫画家の秋風羽織が、漫画にどんなドラマを描くかを若者たちに講釈する場面がしばしば出てくるが、歌詞の世界も似たようなもんだなぁ、漫画家が「ネーム」と呼ばれるストーリーやセリフを考えるのに悩むのと近いなぁと思ったりしながら、テレビのこちら側でも授業を受けているような気分でいる。

昔「雨の曲はヒットしやすいんだよ!」と聞いたことがある。
日本人は「雨」と聞いてあまり明るいイメージを抱かない。別れ話的な切ない話を浮かべる人が多いだろう。その雨がもたらすイメージが、日本人の気質と合っているらしい。今回並べてみた曲でも、ハッピーな雨ソングは「はじまりはいつも雨」くらいだろうか。
上述のように、僕が今回改めていいなぁと特に思った2曲も「別れ」がテーマだ。

僕の持ち歌にも「雨が見たいと君が言って」「Rain Flower」と2曲雨ソングがある。
どちらもやはり「別れ」がテーマだ。明後日のライブでは、どちらか歌う予定。
ご来場くださる皆さんに、素敵な妄想雨劇場を見せてあげられるよう、今日もこれから鍛錬鍛錬♫


■RJGB 10th Anniversary 〜グッド・ソングとナイス・ナイト!〜
6月3日(日) ROCK JOINT GB (吉祥寺)
https://www.rjgb.tokyo/
0422-23-3091
開場18時半/開演19時
(川久保出演は19時50分頃〜 )

<チケット>
*一般前売り:3,000円+1drink600円(当日:3,500円+1drink600円)
*大学生/専門学生2,000円+1drink600円(要学生証)
*高校生 1,000円+1drink600円(要学生証)
前売り予約:21dream@kawakubo.netもしくはRJGB ホームページ予約(https://www.rjgb.tokyo/reserve
<出演>
*ミリミリバール [ミア・ナシメント(vocal)矢舟テツロー(keyboard)菱川浩太郎(bass)]
*川久保秀一(Vo.&Ag)[member:永島広(AG)堀江いちろう(Bass)明石敏子(Pf) ]
*狩野良昭(Vo&Ag)[member:榎本高(Bass,Cho)西島光男(Ag,Cho)

| - | 10:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
新年度も1ヶ月〜♩
早いものでGWも目前、新年度に入って1ヶ月が経とうというタイミング。
すっかり更新を怠ってしまっていた(> <)。
Face BookやTwitterなど、手軽に送信できるものを使っていると、そこで割と満足してしまう傾向があるようで、きちんと自分の中での区分けをしなくてはとちょっと反省。

振り返れば4月は結構色々あったなぁと思う。
ラジオに関して言えば、担当番組はありがたいことに変わることなく継続になったが、NHKラジオ「DJ日本史」が生放送から金曜日の午後に収録になり、金曜は朝6時からの「モーニング・コミュニティ」、終わった後に翌日土曜のむさしのFM「Saturday Music Flow」の準備をして、NHKにGO!終わって帰ると夜7時近くと、なかなか濃密な1日に。
この新年度、そして「DJ日本史」も関わらせていただいて3年目なので、以前から構想していた「テーマソングを作れたら」というのにトライしてみたところ、えらく気に入っていただき採用していただいた。
番組のエンディングでサビが少し後ろで流れている感じだが、「NHKの電波にレギュラーで自分の楽曲が定期的に流れる」というのはかなりの快挙と言う以外にない。ありがたい限りである。
ちなみにCD化等、皆さんが手にしていただけるような予定はまだ立っておらず、O.A.もNHKの中の番組のみなのだが、ライブやイベントの際にはもちろんフルコーラス歌うし、そう遠くないうちに皆さんの手にしていただける機会も作ろうと画策している。

そのライブという面で言うと、今月早々に京都と岐阜へ行ってきた。
桜も終わってしまった京都ではあるが、日曜の昼下がり、穏やかな天気のもと、多くの方が足を運んで下さり耳を傾けて下さった。ありがとうございました。
そして今回も音頭をとって下さった原田博行さんにも感謝!



岐阜は「モーニング・コミュニティ」をフルで流してくださっているFMららの皆さんに多大なご協力を賜り、会場探し、対バンのトム兼松さんのご紹介、さらには当日昼に特番まで用意して下さってと言う、文字通り「足を向けては寝られない」ような対応をして下さり、本当に感謝感謝しかない。





またいざライブになったら、実に多くのFMららリスナーの方が来て下さっていて、「では“チンチン電車”を歌います」と言った時に、拍手と「おおおおおお〜」みたいな声が上がって来てちょっとビックリ!自分の曲がきちんと届いている証で、それはFMららが地域に浸透している局であることの証でもあって、ライブになると上がるテンションが、さらに上がってしまったことは言うまでもない(笑)。




さて来月はライブはないが、6月はまたちょこちょこと決まってきている。
昨日急遽、東京吉祥寺のライブも決定。そして井手麻理子ちゃんと北陸にも。
是非是非お出かけ下さい。

■RJGB 10th Anniversary〜グッド・ソングでナイス・ナイト!
6/3(日)
Roc Joint GB(吉祥寺)
https://www.rjgb.tokyo
※詳細未定
お問い合わせ:0422-23-3091(GB)


■ マリコとヒデ inささ郷vol.1
6/16(土)
共生の里ささ郷(富山県下新川郡朝日町笹川2055)
http://www.sasagou.com/
開場15時半、開演16時
出演:井手麻理子、川久保秀一
前売り・予約1,000円(中学生以下無料)
予約:sasago@pri.town.asahi.toyama.jpまたはFAX(0765-83-3688)
お問い合わせ:0765-83-3688


■Acousticな旋律と、御祓川の調べ
6/17(日)
七尾・banco(石川県七尾市生駒町3-3)
開場16時半、開演17時
出演:井手麻理子、川久保秀一、拓郎
前売り3,000円/当日3,500円(drink付き)
予約・購入:5/1(火)より七尾・bancoにて
お問い合わせ:0767-54-8866(七尾・banco)
http://academy.misogigawa.com/banco.html


■マリコとヒデーズin江ノ島
8/12(日)
虎丸座(神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17江の島ビュータワー7F)
出演:井手麻理子、黒沢秀樹、川久保秀一
※詳細未定
http://www.toramaru.net/

| - | 12:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
AOYAMA音楽倶楽部vol.10


すっかり遅ればせながらのレポになってしまい恐縮至極m(_ _)m
先だっての3/9(金)、「AOYAMA音楽倶楽部vol.10〜あのドラマの歌〜」を開催した。



ドラマの楽曲というのは、テーマとしては大変選びやすいものの、あまりにインパクトが強く、ヒネリもない感もあって(笑)今まで避けてきたのだが、今回は記念すべき(?)10回目だし、このメンツで行けば面白おかしく、かつオリジナル楽曲とは違う味わいで楽しんでいただけるだろうということで選択した。

ラインナップはこんな感じ。

1.太陽にほえろ!(インスト)
2.Bad City
3.抱きしめてTonight



4.星屑のステージ



5.ヒーロー



6.愛が生まれた日
7.Romanticが止まらない
8.GLORIA





9.LA・LA・LA Love Song
10.ラブ・ストーリーは突然に



11.SAY YES



12.口ばしにチェリー
13.モンキー・マジック



14.胸いっぱいの夏
15.There Must Be An Angel
16.KNOCKIN' ON YOUR DOOR



EC1.ああ人生に涙あり〜銭形平次
EC2.贈る言葉






演奏チームは「あえてリアリティーを追求してみよう!」ということで、そう言った意味では超高級カラオケのようではありつつも、そこには熟練のプレイヤーならではの遊びゴコロがふんだんで、その辺はご来場の皆さんにも楽しんでいただけたと思う。

印象的だったのは、どの曲もお客さんが一緒に歌っていたということ。
今回選んだ曲は、我々が20代くらいまでに見ていたドラマの曲だったが、ドラマ、楽曲、そして当時の自分のことがきっと重なって一つの思い出にコンパイルされていて、音楽は時々そのフォルダーを開く鍵なんだろうな♪

さて、次は何をするか?そしてマリコとヒデーズは今年どんな展開を見せるのか?
こうご期待!(^^)




<Live情報>
■原田博行&川久保秀一LIVE@モダンタイムス(京都)
4/8(日)
モダンタイムス(京都市中京区木屋町三条上がるエンパイヤビルB1)
http://mtimes.jp/
開場12時、開演12時半
前売り・予約2,500円、当日2,800円(別途1ドリンクオーダー)
予約:info@mtimes.jpまたは21dream@kawakubo.net
お問い合わせ:モダンタイムス(075-212-8385)


■Live atペパーミント(岐阜)
4/9(月)
珈琲倶楽部ペパーミント(岐阜県美濃加茂市新池町1-9-1)
開場18時、開演19時
川久保秀一、トム兼松・兼松弘子
2,500円(1ドリンク付)
予約・購入:3/9(金)より珈琲倶楽部ペパーミント店頭での購入もしくは電話予約
お問い合わせ:0574-27-6884(珈琲倶楽部ペパーミント)
https://cafe-peppermint.jimdo.com/


| - | 12:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
46


本日誕生日ということで46歳になった。
年齢こそ立派なものだが、実質ははてさていかがなものか(苦笑)。

「したいこと」と「しなくてはならないこと」だと、圧倒的に後者の方が増えてきていて、結局はそこを守らなくてはいけないことが優先されてしまっている。すると、ツキの悪い懐中電灯のように、だんだんと「したいこと」の輝きが薄れてしまうような。
「それじゃイカン!」と、一生懸命振ってみたり、刺激を与えるべく何かをカチャカチャいじってみたりして、その灯をどうにかこうにか絶やさないようにしているような、そんなところが正直な感触。
でもこんなことを言ってしまうと、仮にもエンターテイメントに身を置いている人間なのにダメだなぁとも思う自分もいて、またまたConfuseしてくる。

ありがたいことに、今日は日付が変わったところから沢山祝辞をいただいた。その中で「貴方なりにマイペースで問題なし」という言葉を下さった方がいて、思わずこの言葉にホロっときてしまった自分がいた。

人生の選択の正解・不正解は、選ぶときに決まっているというよりも、選んだ方を正解にすることなんだと、20代の若い頃に、勢いもあってか言っていたことがある(笑)。
今の自分を思うと、少なくとも不正解とは微塵も思っていない。なのでまだしばらく、いやともするとさらにひどくかもしれないが、夢をこじらせてる大人でジタバタしていようか。

今日は「古代アンデス文明展」を見に上野へ出かけた。文明展もさることながら、せっかく上野公園に来たのだからと、西郷さんを見に行ってみた。
西郷さんは46歳の時に征韓論で敗れて明治政府を去っている。それを例えば残念と見るか勇退と見るかは色々あろうが、少なくとも自分の意志を一本貫いている姿勢を感じる。
ジタバタしつつも、川久保の中の一本を、しっかり構え直していこうか。

時折、音楽とかラジオとか多岐にわたる自分のあり方について、「どれかに決めるべきなんじゃないの?」と、その人的には親切心で言ってくるんだろう人もいるけれど、自分の中では全て繋がっている。できるんだからやればいい。できてないなら求められもしないはず。
ということで、音楽もラジオも、自分ができること、求められることは相変わらずガツガツ何でもやっていきます(^^)。
46歳の川久保も、どうぞよろしくお願いいたします♪


■白馬八方尾根フリーライブ
2/25(日)
白馬八方尾根サンテラスぱのらま(http://www.happo-one.jp/shop)
13時30分〜
観覧無料
お問い合わせ:八方尾根開発(0261-72-2715)


■百草園梅まつり
3/4(日)
京王百草園(http://www.keio-mogusaen.jp/)
11時&14時(各30分ほど)
観覧無料(要入園料)
雨天中止
お問い合わせ:京王百草園(042-591-3478)


■AOYAMA音楽倶楽部vol.10〜あのドラマの歌〜
3/9(金)
南青山MANDALA(http://www.mandala.gr.jp/aoyama/index.html)
開場18時半、開演19時半
チケット:前売4,700円/当日5,200円(1drinkつき)
座席形態:先着順入場・自由席
出演:マリコとヒデーズ(井手麻理子 / 黒沢秀樹 / 川久保秀一)
お問い合わせ:南青山MANDALA(03-5474-0411)

【チケット販売】
1/19(金)より21dream@kawakubo.netでの予約(10時〜)、南青山MANDALAでの店頭(16時〜)、及びe+(10時〜)での販売となります。
会場へのご案内は、チケットをお持ちの方(予約含む)のお並びいただいた順となります。(18時より予約分のチケットの引き換え開始)
当日券が出る場合は、ご案内は予約・購入済みの方のご案内が落ち着いてからとなります。
立ち見になる可能性もございます。


| - | 10:42 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑